JapanEcho.net JapanEcho.net
Search
0039_main
荒れ果てた“故郷”を訪ねて【福家 康宣・福島放送役員】

住民が避難して無人となり無残に変わり果てた飯舘村。運動場の表土を削り取った小学校。処分場が決まらないがれきの山。問題解決の方針すら示せない政府に、福島の悲しみと悔しさは募る。

Read This Post
0035jp_main
震災後の日本文化振興【渡邊 啓貴・東京外大教授】

震災で打撃を受けた日本のイメージアップのため、政府はさまざまな活動を行っている。筆者は日本文化が真に国際的な理解を得るため、さらなる文化外交への取り組みが必要だと主張する。

Read This Post
masuzoe-main
野田新首相の課題【舛添 要一・国際政治学者】

野田佳彦氏が、民主党政権3人目の内閣総理大臣となった。失政を繰り返した2人の前任者の轍を踏まずに、安定した政権運営を行うための課題を挙げる。

Read This Post
0039jp_main
国民の「脱原発」の思いに政府はどう応えるのか【福家 康宣・福島放送役員】

福島県から県外に避難した子どもは1万人を超えた。国民が共有する放射能汚染への不安に、真剣に向き合わない政府の姿勢を問う。

Read This Post
0042jp_main
故郷の絆と防災対策は両立できるか【ペトラ・カルロヴァー 早大留学生】

避難した人々が1日も早く自宅に戻りたい、と話すのを見ると、ペトラさんはチェコで1997年に起きた洪水災害を思い出す。

Read This Post
0107jp_main
11,000人の高校生が福島で大文化祭「私たちはゴジラではない」【近藤 誠一・文化庁長官】

近藤誠一文化庁長官は福島県で開催された第35回全国高等学校総合文化祭に出席。高校生たちの言葉に心を強く打たれたという。

Read This Post
0005
危機意識を欠く政権【成相 修・麗澤大学教授】

被災地における産業復興が遅々として進まない状況に対して、エコノミストの成相修氏が、現政権の経済政策に異議を唱える。

Read This Post
0086jp_main
日本の「ニューディール政策」に向けて(1)【ディマ・クリスティアン 都市計画専門家】

都市計画専門家ディマ・クリスティアン氏は、東日本大震災が日本の地方を長年苦しめてきた問題をあぶり出したと考えている。

Read This Post
5009_main
PHOTOS:被災地に咲く花

豊かな表土を奪われ、海水と泥水に浸されてしまった被災地の大地に、春の花は咲くのだろうか。大震災からすでに50日が過ぎた頃、そんな思いを抱きながら被災地をまわった。荒れ果てた大地はそのままだったが、そこにはささやかな花が咲き、さまざまな動きが胎動を始めていた。

撮影 川井聡

Read This Post
0081jp_main
第2回 気仙沼から松島へ【廣瀬 達也・フリーライター】

火災による被害も受けた気仙沼から、日本三景のひとつ松島へと向かう。道を曲がるたびに風景は変化し、どこひとつとして同じ被害はなかった……

Read This Post
Load more entries...